税法クイズ

税に関するクイズを月に一度、次長 菅野 浩より出題いたします。クイズに答えて税法について勉強しよう。

「今回は「相続税」についてです。」

○正解
正解:D
答えはDです。

 生前に被相続人に支給される予定であった国民年金が相続開始後に遺族へ支給された場合、その年金を未収入金として相続税の対象財産に含めているケースもある様ですが、この年金は遺族に対して一時所得として所得税の課税が行われ、相続税の対象にはなりません。
 これに対しA〜Cは全て相続税の対象となる財産です。相続が発生すると所得税の準確定申告を行い被相続人の所得税額を確定する必要がありますが、還付を受けることになれば還付金額は未収入金として相続税の対象になります。
 預金は被相続人名義のものだけが対象になるわけではなく、被相続人が資金を拠出し管理をしていれば他人名義の預金も相続税の対象になります。いわゆる名義預金と言われるものです。
 被相続人の勤務先から相続開始後に最後の給与が支給されることがありますが、それは未収入金として相続税の対象になります。
 これら以外にも相続税の対象となるorならないについて誤解をされているケースもありますので、相続税の申告については専門家に相談するようにしてください。

PAGE TOP