所長のひとこと

経営などのためになる著名人の名言、ときには本人オリジナルの格言を、月に一度みなさまにご紹介いたします。

道は人に遠からず、人の道をなして人に遠きは、もって道となすべからず

3月のひとこと…
「道は人に遠からず、人の道をなして人に遠きは、もって道となすべからず」

儒教の経典、五経の「礼記(らいき)」に中に出てくる孔子の言葉です。
原文は「道不遠人。人之爲道而遠人、不可以爲道。」です。

いろいろな解釈があるようですが、私はこのように理解しました。

すなわち

「人の道」つまり「私たちが求めようとする道」は、決して特別なものではない。なにやら小難しく、とても実戦するのが困難に思われたり、人がとても実行するのは無理と敬遠するようなものは、真に「道」と呼ぶには足りないものである。
本当に正しい「道」は身近にあり日常で実戦できるものである。

高邁な理想を掲げ、結果として何もできなかった…といった経験はありませんか?それよりも、それぞれの職業に与えられた「使命」をコツコツと積み上げ、たとえ微力であっても社会に貢献していく姿こそが、真の「人の道」だと思い至りました。


PAGE TOP